お金と日常の私たち

私たちをとりまくお金についての意見を書いています。いろんな人の考えもあるのでお金をついてあなたがおもていることも実は常識じゃないかもしれません。参考にしてみてくださいね。

  • TOP PAGE
  • FXで勝つ秘訣は前もって利益確定や損切のルールを

FXで勝つ秘訣は前もって利益確定や損切のルールを

FXで勝つ秘訣は前もって利益確定や損切のルールを設定しておくことです。万一、設定していないと、損益がプラスの時にどこで決済していいか判断が遅れがちになりますし、損失が発生している場合には、ズルズルとポジションを持ち続けて、損失が大きくなるリスクがあります。FXのシステムトレードというものは前もって売買ルールを決めておき、裁量を加えることなく注文する取引の方法をいいます。



ツールの使用が多く、取引の時に精神的なストレスをそれほど感じることなく、注文を迷うことなくすむのが良い部分といえます。
けれど、システムトレードでは、市場の急激な変化に対応できないこともあります。

通貨という取引法は、ギャンブル性を問われることもあります。

でも、利益を得続けるためには、ちゃんと勉強して、予測に基づく取引をしなければなりません。FXの場合の投資と同様に、移動平均線などの技術的な分析も必要になってきます。運だけで単純に利益を出すというもでは当然ないのです。

FX業者に売りや買いの注文を出した時には絶対に成立するものだと理解している人もいるでしょう。しかし、約定力が高くないFX業者の場合、一度に注文が集中した場合、システムの耐久力を超えてしまい、約定不可能となったり、システムが機能しなくなるケースもあります。

損益が大きく変動しますから、FX業者の約定力はとても重要です。

FX投資をやってみたいと思ったら、最初に使用するFX会社を指定してください。FX会社によって色々な特徴があるので、念入りに調べて選びましょう。



選択したFX会社のサイトから、口座の開設を申告すると審査が行われ、審査に通過すると、必要書類が手元に届きます。
投資資金を口座に振り込んだら、いつでもFX取引をスタートできます。FX会社が潰れた場合、預けておいたお金が返還されない事例がありますから、信頼性をよくチェックして選んでください。


また、トレードは長所になる面もなりますが、不利になることもあります。


自分の入金した額以上の金額を扱うことができるのはメリットとなりますが、負けると大きな損を負うことになるのです。これまでも金利の低い状態が続いている日本ですが定期預金の金利はほとんどつかないに等しいですがだからと言って、高いリスクを伴う投資で資産運用をするのはちょっと抵抗があるという方に好まれているのが外国の通貨の売買利益であるFXのswap投資という日本の金利と海外の金利を交換する取引です。


似たようなFXへの取引だとしても通貨売買差益でのもうけより危険性が少ないため、初めての人でも利益を得やすいと言われていますFX取引について経験のある方はロスカットという救済措置がどれほどトレーダーに対して大事な救済措置かということをわかっているはずです。

でも、それでもFX取引を開始したての時は、ロスカットになりたくなくてだんだんと損失が大きくなってしまったというような経験があったのではないかと考えます。FXの取引スタイルは、種々様々です。swap派の投資家の方も多いと思います。

swap派は、短期間の売買はせず、数ヶ月、長いのであれば、数年ポジションを保持しています。

これほどの長期に渡ってポジションを保持していたら、高い金利の通貨だとswapでとても利潤があがるでしょう。
本屋さんに行くとFXに関するものが多くあり、その中には、FX投資成功者が出している本もあります。



数千円ほどで購入できるので、こういった書籍を何冊か手に入れて、自分なりに運用のルールを作ってみてください。
運用ルールを学んでいく時には、ビギナー用ではなく、中、上級者向けの本を選ぶのが肝心になります。
FXには、様々な専門の用語があります。指値とか逆指値というような言葉は、FXだけではなく、株でも使います。

指値注文は成行注文と比べてみて、計画的に取引が可能というメリットが得られる反面、売り買いの取引が成立しづらいという短所もあります。

逆指値注文は上手に使うと、損切りが迅速に行えます。取引でいつも考えるべき危険性として追証というものが存在します。


言うまでもなく、FXでも起きる問題です。あまりにも利益を得ようとしすぎてあるだけの資金で行おうとすると、証拠金の維持率を切ってしまうこともよくあるのです。そうなると、取引が思い通りにいかなくなるので、余裕を持って資金を運用することが儲けに繋がるのです。FXで取引をやっていると、つい欲が顔を出してしまって、高いレバレッジをかけて取引を行ってしまいがちです。
すると、最も悪いケースでは証拠金が足りなくなり、二度と相場に戻ることができなくなってしまいます。そんな事態に陥らないためにも、FXに親しむまでの間は、2〜3倍程度の低めのリスクで取引を行っておいた方が安心です。FXの世界には、さまざまなFX会社が経営を行っています。中でも比較的よく知られている会社が、くりっく365という会社です。

くりっく365には特徴があって、株と同様に、売ったり買ったりする毎に20パーセントの税金を取られていくということです。



もちろん、マイナスが出た場合は、税金を取られていくということはありません。通貨証拠金取引をする際に、通貨の売り買いのタイミングを見極める決め手の一つとなるのが外貨の持高比率です。

ポジション比率とは取引対象通貨の組み合わせが所有されている外貨の単位を比べたものです。


FXのポジション比率を把握するには、顧客のポジション比率を紹介しているFX取引を目的とする企業のサイトをみるといいでしょう。FXについて少しずつ理解を深めていくことができれば大きな損をしてしまうこともないですし、徐々にでも儲けを出していけるはずです。


FXなんて所詮運だと思ってしまっている人は学んでいこうとはしないので、利益を出すよりも損失のほうが増えるのです。
FXで儲けている方は、運が味方するだけの努力をしてきた方々なのです。



通貨をし始める際には、どの通貨ペアにするかためらうこともわりとあります。
初心者でも、比較的攻略しやすいとされる通貨ペアは存在するのかどうか気になります。いろんな通貨ペアの中で、通貨の初心者に良いのがドル円でしょう。ドル円は相場の波が他と比較すると緩やかで情報も取り入れやすいので、攻略しやすいと思われます。FXをするに当たってはスプレッドは狭いほうが得です。

スプレッドの幅が広がるほど利益が出るのに時間も掛かるし、リスクも大きくなってしまいます。


とりわけ初心者の場合は、スプレット幅の設定が狭いFX業者を選ぶほうがいいでしょう。加えて、スキャルピングトレードやデイトレードも、スプレッドが狭いと有利とされています。

FX投資をやり始める前に、所有する通貨数を設定しておくというのも大事です。

所有通貨量をあらかじめ決めておき、もっと上のポジションは持つことのないようにしてください。
このようにしておくことで、勝った場合でも利益は減少しますが、損失も減少します。
外貨預金は外貨と円の変換時に、手数料を銀行へ払わなくてはいけません。
しかし、FXに関しては、まったく手数料がなしで取引できる業者が大多数なので、割と気軽な気持ちで取引を行えます。しかし、トレードを使わずに長きに渡って資産運用をするのであれば、倒産へのリスクを頭に入れて銀行に資産を預ける方法が一番安全です。
FXの口座を開設するに際して、必須のものがあります。
それは、本人を確認することのできる書類です。
これ無しではFX口座を作ることはできません。一般に提示されることが多いのは運転免許証、健康保険証、パスポートの3つです。住民票の写しや印鑑登録証明書の場合は、原則的に郵送しなければならないので、メール送信できる書類の方が手数がかかりません。昨今では、自動売買取引でFX投資する人が無視できない数になっているようです。
FX取引においては、買った外貨が急に、大幅に下落すると平常心でいることができなくなり、上手く損切りを実行できないケースがあります。

少しでも少ない損失で済ませたいという気持ちが損切りのタイミングを捉え損ねさせてしまうのです。

FX取引などで負けが続き始めると、そんな負けを取り戻そうと躍起になるためによりお金を使い込んでしまう方も多く見受けられるものです。


そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座には、余計な資金を入れておかないように注意しましょう。
これは、預貯金のお金も口座にまとめてしまうと、気分的に余裕を感じてしまって使い込む可能性がありえるからなのです。
FX取引でのスリッページの意味はトレーダーにとって不利な方向へ価格変動が起こって約定してしまうことを言います。
指値注文といった価格を指定する注文をしないで、価格指定を行わない成行注文がすべった時に起こります。
相場の動きが激しい時に発生しやすくなりますが、約定力の高いFX業者に取引を任せると発生しづらくなります。



FX業者選定にあたって重要なことは取引にかかるコストです。

取引の時のコストを削減出来ると利益を出すことにつながります。

また、取引できる最低単位が大きくない方が少額の資金しかあてられなくても始められますし、FXを扱う業者それぞれに取引ツールの使い勝手の点で差異がみられます。

それと、モバイル取引に対応しているか否かも選定ポイントです。
FX投資の場合、移動平均線やMACD、ストキャスティクスなどいくつものラインを使用したテクニカル指標を利用して技術的な分析を行うことが数多くあります。



それらの複数あるラインが下限の位置で、下から上へ向けてクロスする現象のことをゴールデンクロスと称し、買いエントリーの頃合いを判断するのに、利用しております。FX投資が初めての方も忘れないでおいたほうがいいでしょう。FX投資で利益を出すためには売買における規則が重要だといわれていますが、FXの売買ルールとは簡単にいうと投資手法のことです。規則に従って取引を行うことで、リスクを最小限に抑制することが可能となり、利益を上げやすくなります。この規則は、自分で作成してもいいですが、自信がなければ成功している人のルールを真似た方が良いでしょう。口座開設のキャンペーンを行っているFX会社なんかもあります。
単に口座の開設をやるよりも、キャンペーンを利用したほうが断然得です。

ただ、FX会社によっては、決められた金額の入金が必要であったり、実際に取引を行わなければならない場合もあります。キャンペーンの適用条件についてはFX会社ごとに変わってきますので、気に留めておいてください。昨今、目にする機会が増加したのが、通貨というものです。「通貨は儲けられる」とか、「初心者でも簡単に稼ぐことができる」という話もよく聞きますが、怪しく感じる方も多いかもしれません。でも、取引初心者でも仕組みがわかりやすく儲けやすいというのは確かでしょう。リスク管理を間違いなく行えば、予想以上の損失が出ることもなく、安全性の高い投資法です。FX取引による利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、年間を通して利益を出せなかったときはしなくてもいいです。



でも、FX取引を続けようと考えているなら、利益が得られなかった場合でも確定申告をする方がいいでしょう。確定申告をしておいたら、損失の繰越による控除が使えるため、最も長くて3年間、損益を通算できます。

関連記事

メニュー

私たちをとりまくお金についての意見を書いています。

Copyright (c) 2014 お金と日常の私たち All rights reserved.