お金と日常の私たち

私たちをとりまくお金についての意見を書いています。いろんな人の考えもあるのでお金をついてあなたがおもていることも実は常識じゃないかもしれません。参考にしてみてくださいね。

  • TOP PAGE
  • FX取引で出した利益には税金がかかると思います

FX取引で出した利益には税金がかかると思います

FX取引で出した利益には税金がかかると思いますか?FX投資で発生した利益は税制上、「雑所得」と呼ばれます。
一年間の雑所得の合計が20万円以下ならば、税金を支払う必要はありません。けれど、雑所得の合計が、20万円を上回った場合には、確定申告の手続きが必要です。税金を払わずにいると脱税として罰せられますので、どうぞ覚えておいてください。


最初にFXの口座を開設する場合、少し面倒に感じることもあります。必要事項を入力するだけだったらすぐ終えてしまえるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。しかし、最近ではオンラインを利用しての送付が可能になり、運転免許証の写真を携帯で撮って、その画像を送付するだけでいいFX業者も中にはあるのです。


通貨をし始める際には、どの通貨ペアにするかためらうこともわりとあります。

初心者の方でも比較的攻略しやすい通貨ペアはあるのか気になります。



様々な通貨ペアの中で、通貨の初心者に良いのがドル円なのです。
ドル円だったら、相場の波が他と比べ、緩やかで情報も入るため、攻略しやすいです。


通貨と呼ばれる取引法は、ギャンブル性があるといわれることもあります。でも、利益を生み続けるためには、ちゃんと勉強して、予測に基づく投資をしなければなりません。
FX取引の場合と同じように、移動平均線等のテクニカルな分析も必要になってきます。運やツキだけで簡単に利益が出るというものでは全くないのです。

FXはレートの上昇によって利益となって、一方、レートが下がれば損失です。

ですので、シンプルに考えるとFXで勝てる確率はどうなるかというと半々です。


しかし、実際に勝てる確率はどうかというと、10パーセントに満たないといわれています。

勝てる確率が低い理由として、レートの上下がない状況も発生することが挙げられます。
FXの1つの魅力であるわずかな金額でも投資が初められる理由は、トレードが使用可能だからです。


FXはFX業者に証拠金を入金して、それを確認することによって、その金額以上の金額で取引を行うことが可能です。わかりやすく言うと、小さなお金で、大きな可能性につながるチャンスができるというわけです。

これが世にいうトレードというものです。
FXでは取引を始める前に業者に保証金を預け入れますが、トレードを使うと保証金に対し、数倍〜数十倍の金額まで取引ができるようになるのです。


レバレッジを利用していくことでハイリターンとなりますが、また同じようにハイリスクとなる可能性もあるのです。

FXならば、トレードを利用できることもあり、自らの予想と逆に動いてしまった場合には、やむを得ず損切りをすることがたくさんあることだと言えます。いっぺんに手持ちの資金が無くなってしまうといった事例も、多くあります。ただし、FXは株よりも効率的に利益を上げることができると考えることができるのかもしれません。

FXが好まれる最大の理由は、トレードの利用が可能だからでしょう。一般的な株の売買における取引では、ある程度のまとまった金額の取引の資金が必要とされますので、初めて投資をする人には難しく感じられるものです。その点、FXなら少ない取引の資金でその何十倍もの取引が可能なため、初心者の方でも始めやすい投資法だといえます。


為替相場の揺れが大きい中央銀行の政策金利発表や指標発表がある時などは、スプレッドが大きくなることが予想されますから、FX業者の約定力が重要です。


相場が3円以上も変動するような場合、スプレッドだけを考えるのではなくスリッページにも気をつける必要があるでしょう。



成行注文でスリッページを狭くしても、約定力を落とさない業者を見極めましょう。通貨に投資するとして、自分の判断のみで売買するのと、自動による売買をするのでは、どちらの方が有利だと考えられるでしょうか。


自己判断だけでの売買では、結局のところ、ヤマカンに頼ってしまう場合が多く、成果を十分に出すのは、難しいかもしれません。
データに基づいた自動による売買の方がよい成績が期待できると考えられます。



近頃、世の中で注目され始めているのが通貨と呼ばれる商品です。
簡単に説明すると、通貨の価格が上るのか下がるのかを予想して、予想した通りの結果であれば利益が生じる仕組みとなっています。

あくまでもギャンブルではなく投資のひとつなので、社会的な動きや相場の流れなどを読む必要があります。FXには逆張りという手段があります。
逆張りとは一定の範囲でレートが上下しているレンジ相場にうまく対応しています。トレンドライン入力後に、上値抵抗線や下値指示線に近づいたら逆張りを使用するなどトレーダーにより手法が変わってきます。トレンド相場とは、やはり相容れない関係ですので、よく注意すべきでしょう。



FXにまつわる損益計算は、自分でする必要はないです。
FX業者が大部分を代行してくれます。

FX業者のシステムにログインしたら、損益計算書という欄に気が付くと思います。

それをクリックすれば、自動的にこれまでの過不足を計算してくれているはずです。

しかし、複数のFX業者を使って取引を行っている場合は、自分でも計算することをおすすめします。FXで大切なのは、経済指標ということになります。

指標により、レートが乱高下するケースも決して珍しくありません。何より有名な指標は、アメリカの雇用統計になります。



この指標が強い場合には、円安ドル高となり、弱いと、円高ドル安になります。


FXにおいてswapというのは、外貨の購入時に借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差額のことを指します。swapと略されることも少なくありませんが、正しい専門用語としては、swap金利及びswapポイントという名が付いています。

このswap金利は、毎日変わっており、その通貨を手放さない限りもらうことができます。FXの口座を開設して、デメリットになることはないのでしょうか?口座を設けたからといって開設費がかかるわけではありませんし、維持費の心配も不要なので、デメリットはないと言えます。
ですから、FXを始めようか迷っている方は取引を始めるかどうかは置いておいて、口座だけ試しに作るのもいいのではないでしょうか。FX取引におけるスリッページというものはトレーダーにとって不利な価格にすべって約定することを指します。



指値注文などの価格指定の注文を行わず価格指定を行わない成行注文がすべると発生します。
相場が荒れる時に起こりやすいですが、約定力の高いFX業者で、取引した場合は起こりにくいです。
一発勝負ではなく利益を続けて得られるようにFXでの立ち回りを考えてみるとすると、前もってのシミュレーションは必須ですし、儲けている人の多くが実際に行っていることだと考えられます。
それには、自動取引用のソフトを使い、バックテストを行うのが一番手軽なので、早めに導入することが勝つためのポイントです。FXにおいては、いろいろな専門用語が使われてします。指値または逆指値といった言葉は、FXだけでなく、株でも使用します。
指値注文というのは成行注文と比べてみて、計画的に取引が行えるという利点がある反面、売り買いの取引が成立しにくいという短所もあります。
逆指値注文は上手に使うと、損切りが早めに行えます。



FXのレバレッジは、いくらくらいにしておくのが良いかと言うと、ビギナーでしたら、2から3倍ほどが妥当でしょう。トレードというものの上限は運用しているFX業者によっても違うので、レバレッジを高くかけられる業者もあります。けれども、その分リスクのほうも上がってくるため、わずかばかりのレート変動でも即ロスカットされてしまいます。取引で常に考えるべきリスクとして追証といわれるものがあります。

当然ですが、FXでも避けられないことです。
あまりにも利益を求めようとしすぎてあるだけの資金で行おうとすると、証拠金維持率を切ってしまうこともよくあることなのです。
そうなってしまえば、トレードが思い通りにいかなくなるので、余裕を持った資金で行うことが儲けに繋がるのです。


最近、ブーム化している通貨はすごく安全です。


なぜなら、損失額を前もって決定できるからです。FXはトレードを使用した場合、預けたお金以上の損失が生じます。リスク管理がしやすいところが、通貨の魅力的な点です。



取引が初めての方でもスタートしやすい投資法だとされます。


FXで失敗しないためには、暴落するかもというリスクをしっかりと考えのうちに入れておくことが重要です。暴落の可能性がなさそうな状況でも、万が一のためにそのリスクを考えにおいたトレードをしてください。

FXにおいては必ず損をしないということはないので、万が一のことも想定するようにします。たとえば、ドルの場合は大きい利益を望みにくいですが、その代わり、リスクも小さくなります。
FXの主流は、短期での取引です。通常は、デイトレといいます。
デイトレの中の「デイ」というのは、日本時間の0時から24時とは違い、ニューヨークでの時間です。要するに、世界の金融は、ニューヨークを中心として回っているというわけです。
短期トレードは価格が急変する危険性が低くなりますが、その分、大きな利益も得るのが難しくなります。FX業者に売りや買いの注文をした場合、当然成立するものだと理解している人もいるのではないでしょうか。


でも、約定力が低いFX業者だと、一度に注文が集中した時に、システムの耐久力がもたずに、約定が行えなくなったり、システムがストップすることもあります。
損益が大きく変動しますから、FX業者が、どのくらいの約定力を持っているかはとても重要です。
FXで使うキャピタルゲイン、インカムゲインという言葉は、キャピタルゲインが為替差益の意味で、インカムゲインはswapポイントの意味になります。



為替差益とは為替レートの変動によって得ることが出来た利益のことです。swapポイントとは銀行にお金を預けた時にもらえる金利にあたるもものです。
でも、swapポイントはいつでも利益が出るとは言えません。口座開設のキャンペーンを行っているFX業者もあります。ただ口座を開くよりも、キャンペーンを利用する方がお得となります。



ですが、FX会社によっては、一定額の入金が必要だったり、実際に取引を行わなければならない場合もあります。

キャンペーンの適用条件に関しましてはFX会社によって違うので、注意をしておいて下さい。通貨という方法はある銘柄の価格が上がるのか下がるのかを予想する新しい取引のやり方です。

価格が上がると予想したとしたら、コールの方を購入し、価格が下がると予測をしたら、プットを購入いたします。予測が当たった時は、ペイアウト倍率に乗じたペイアウトを受け取る権利が獲得できます。
いたって簡単でまたわかりやすいため、投資初心者にも大人気です。

情報の場合は通貨の組み合わせが重要なポイントになりますが、初心者にとっては、何が何だか分からないでしょう。わかるためには、ある程度の時間が必要になり、無知の状態で開始してしまうと失敗することが多いです。
一方、日経225においては取引の対象が、日経平均株価であるため、個別の銘柄を選定せずに済ますことができるため、手軽に取引できるといえます。

関連記事

メニュー

私たちをとりまくお金についての意見を書いています。

Copyright (c) 2014 お金と日常の私たち All rights reserved.